穴場は銀行や信用金庫だ

行動を起こすのに必要な原動力は人によって異なります。
お金が必要な場合は社会に出ると思ったより多く、借入れによって融資を受け、自分の使えるお金の額を増やしてそれを原動力にするパターンは意外なくらい多い物です。
確かにカードローンやキャッシングなど金融機関がお金を貸してくれるシステムは進化しており、昔に比べてはるかに使いやすくなりました。
イメージ的に見てお金の貸し借りは多くのプラス効果を持つことが知られ、それは自分がどういう形でこの手のサービスを利用するかにも影響します。
ネットの金融関係サイトを見ていくと、今行われている借入れのサービスに関しても、利子が安かったり、システム的に単純明快で使いやすい部分がはっきりしているなど、特徴的な部分が多いです。
どうすれば今の生活をよりよくしていけるかは自らのレベルアップにつながります。
ネットでそれを調べていくと、確かに使いやすい金融機関のリストなどが出てきて、自分に合った物が選べるのです。

銀行でのキャッシングは総量規制対象外

平成22年の貸金業法改正で、借りすぎを法定に規制したのが総量規制と言われるもの。
住宅ローンなどの目的ローンを除く、使い道自由型の個人向け無担保小口融資、いわゆるキャッシングやカードローンと呼ばれる借入金の合計が年収の3分の一以内に抑えるという法律です。
ところでこの総量規制の対象となる金融機関は消費者金融や信販会社などのいわゆるノンバンク系からの借入への制約ってご存知ですか。
ですからノンバンクではないメガバンクや地銀、信用金庫などの銀行からの自由型カードローンは総量規制対象外になっているのです。
確かに銀行からの無担保ローンの借入には厳しい審査があります。
しかしそれさえ通れば、消費者金融よりも低利で借入が出来るのです。
銀行でも100万円以下なら定収入でないアルバイトパートでも借入できる金融商品もあるので、もしもの緊急時に現金が必要になったときなどのために、自分の口座のある銀行のカードローンのカードを作っておくというのも一手です。
そうすればいざというとき、高利な街金に走らなくてすむかもしれませんよ。

まあ、ややこしい話はともかくとしまして主婦の借入はちょっと難しい。
その理由は収入がないからであります。
>>信用金庫のカードローンの審査基準は緩いの?年金受給者でもお金を借りれるのは事実

カテゴリー: お金を借りる パーマリンク